読み込み中
今、私たちにできること。ちょいボラ。私たちが参加できる、企業の社会貢献活動を応援しています!
ちょいボラ情報
※企業の社会貢献活動情報がいっぱい!「ちょいボラ情報」締切日順一覧
 気がついたら締切が過ぎていた …ということのないように締切日順でチェック!
締め切り順
企業名寄付先団体活動概要寄付活動内容私たちにできること最終応募締切
スミフルベルマーク財団キャンペーン期間中にスミフルのベルマークを集め、「専用台紙」に貼ってお送りいただくと、対象のベルマーク点数を2倍に致します。2021年10月29日
必着
ショウワノートベルマーク教育助成財団ジャポニカ学習帳でベルマークを集めよう!2021年12月31日
ベルマーク財団PTAなどのボランティアで生み出された資金(ベルマーク預金)で学校の設備や教材をそろえ、さらに国の内外でハンディを背負いながら学んでいる子どもたちに援助の手を差し伸べます。 マーク集めから始まるだれでも気軽に参加できるボランティアです。ベルマーク運動に参加できるのは保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校などの「学校」単位です。2006年からは大学と公民館にも門戸が開かれました。活動主体はPTA(愛育会など別名称でも可)を想定しています。
個人の場合は、集めたマークを近くの参加校に寄付したり「寄贈マーク」として財団に送ったりする方法があります。
締め切り日なし
ジョイセフ(家族計画国際協力財団)思い出のランドセルギフトは、日本で役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。ランドセルを贈る締め切り日なし
日本社会福祉弘済会(公財)アジアの障害者への車いす修繕寄贈
日本では年間5万台以上の車いすが廃棄されています。まだ使えるのに「もったいない」と、全国31都道府県の工業高校生が、車いすの再生に取り組んでいます。「空飛ぶ車いす」は、工業高校生が古い車いすを分解、整備、再生し、アジアで車いすを必要な人たちにプレゼントする活動です。これまでに31ヵ国の子供や高齢者に車いすをプレゼントしました。
車いすは旅行者などが飛行機で届けますので、「空飛ぶ車いす」と呼んでいます。
日社済は「空飛ぶ車いす」を支援しています。修理はできなくても誰でも参加できるボランティアとして「書き損じはがき収集」を提唱しています。集められたはがき・未使用切手は、パンクしないタイヤ購入や海外輸送費として活用されます。はがき・未使用切手は随時、何枚でも受け付けています。書き損じはがき 未使用切手送付締め切り日なし